整体

腰痛の原因 考察

更新日:

294dbd64dbeefe889a935032ba825755_s

腰痛の原因 考察

腰が痛いと言われて来られたお客さん、まず初めに二つに大別します。

腰を動かして痛みが増すかどうか。

 

器質的なものと、そうでないものに分けます。

 

多くの場合は器質的なもの、つまり筋肉や骨のバランスに異常があるものです。

器質的なものは骨格筋のどの部分が疲れを抱えているかを探し、硬くなっている箇所があると刺激してやわらげます。

和らいだと指先で感じたら、痛みは軽快しています。

たまにあるのが器質的なものではなく、内臓疾患が疑われrもの、神経性ではないかと思われるものは少々厄介です。

お客さんは、腰が痛いだけ、と思っておられるので、動かさなくても痛い場合は注意が必要です、 と言って、病院の検査を勧めます。

でもはっきり言って、 腰痛の原因なんて分かりません(^^;

どこまでいっても推測の域は出ないのです。

私自身が筋肉をやわらげれば痛みは軽快すると思い施術をし、狙い通り痛みが取れたとしても、なぜ痛みが取れるのかわからないのです。

というのも、 痛みのメカニズムが十分に解明されていないからです。

 

私たちは、電気信号が脳に伝わることにより「痛い」と感じる仕組みを持っています。
刺すような、ピリピリする、ジンジンするなどをはじめどんな痛みであっても、電気信号により脳に伝えられます。

侵害受容器と言うセンサーに痛みを出す物質(発痛物質)が触れることで電気信号が起こり、神経を通り脳に伝わり「痛み」として感じます。

私たちの体が命を守る仕組みは調べれば調べるほど神秘さが増してきます。

痛みも細かいところは謎のままです。

腰痛を感じたら、まずは安静。

そして症状を確認してください。

動かしたら痛いのかどうか。

動かして痛いのであれば器質的なものですから、筋肉をやわらげれば痛みは軽くなりますから、お越しください。

動かしても痛みが変わらないのであれば神経痛や内臓痛が疑われます。

判断がつかないようであれば相談にお越しください。

多くの方が苦しまれている腰痛、 はっきりとした原因が解明される日は当分来ないと思います。

であれば、腰痛のメカニズムを知り、自分に合った予防法を取り入れることで劇的に症状が改善されることがあります。

腰痛から解放される日のために、精いっぱいお手伝いさせていただきます(^▽^)/

-整体
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.