命の神秘 脳の性質

大脳の理屈を超えたところに命の不思議はある

更新日:

2502848528_a6f6c8bb91_b

photo credit: Steve took it via photopin cc

 

人は何かの情報に触れると、
今までに知っている自分の知識の範囲内で理解しようとします。

自分の知識が間違っている可能性は考えませんから、
自分の知識とかけ離れた情報に対しては、拒否を示します。

これは大脳のクセです。

ほとんどの人は、大脳がそんなクセを持っていることなんて知りません。

あなたの知っているその健康情報、本当に正しいのでしょうか?

世の中には、ありとあらゆる健康情報が出回っています。

人々はそうした情報に触れて、健康について思い思いの観念を抱きます。

特に病気に関しては、皆さん結構自信を持たれています。

病気やその対処に関する情報が、溢れるほど届けられているからです。

前回の記事で、命の神秘について書きました。
(参考 ⇒命の神秘を理解する、命を感じる

同じ質問を繰り返しますが、

溢れるほどの健康情報が届けられているにもかかわらず、
なぜ病人は増え続けているのでしょうか?

医学が進歩したのに、病気と診断される人の数はなぜ減らないのでしょう?

ここでひとつの仮説が成り立ちます。

もしかして、医学では病気は治らないのではないか?

ということです。

「命」という視点から出発する
「本当のところはよく分からない」という観点から出発する

治療で治せる病気は数える程しかありません。

ほとんどの病気は、治療では治らないのですが、
多くの人が、治療は病気を治すもの、と誤解しています。

病気を治す力があるのは、自分の体に備わった自然治癒力です。

その自然治癒力は、脳の働きの中にあります。

 
外科的な治療を除くと、
感染症の一部に特効薬と呼ばれる治療法がありますが、

生活習慣病を始めとする多くの病気は、治療で治すことができません。

そんな病気を抱える人たちも、
お医者様から、治療では治らないことを知らされています。

高血圧や糖尿病などは、
一生、コントロールしていかなければならない、とも言われています。

そしてそのことを、そのまま自分の観念の中にしまってしまいます。

 
しかし、それはいったい本当でしょうか?

現代の医学がその病気を治せないということが、そのまま、

あなたのその病気は治らない、ということになるのでしょうか。

 
多くの人はこのように「洗脳」されています。

医学という学問から見た一面を、全体のものと勘違いしています。

同様に、日々届けられる健康情報を、そのまま鵜呑みにしてしまっています。

まずはその思い込みを解きましょう。

知らず知らずのうちに思い込まされてしまった「 自分の知識 」を

一度リセットしてください。

 
命という観点から病気を見れば、どんな病気も治ると言えます。

なぜ心臓が動いているのかわからない、人間の知恵と、

私たちを生かしている命の神秘と、

どちらが素晴らしい力をもっていると思いますか?

 
そんなことがあるもんか、
自分はこう思う、自分は間違っていない。

自分の思い込みをリセットしようとしても、なかなか出来ないかも知れません。

そう思いたくなる大脳のクセをよく見つめてください。

 
命の力を十分に働かせてやれば、どんな病気でも治ります。

それが自然の力です。

 
次の記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒脳を元気にして病気を治そう ─ 治療だけでは病気は治らない
 ⇒巷にあふれる健康情報、いったい何が正しいのでしょう?

-命の神秘, 脳の性質
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.