悟りとは

なぜ悟りをすすめるのか

更新日:

なぜ悟りをすすめるのか

お釈迦様は悟りなさい、と言われ続けました。
なぜでしょうか。

ズバリ、幸せのためです。
人は誰しも幸せになりたいと願っています。 幸せの定義は人それぞれですから、自分で好きなように定義していただければいいと思います。 ただし、どう定義しても幸せを実現しようとしたとき邪魔になるのが自分へのこだわりなのです。

すべてが自分の思い通りになれば幸せを感じるのでしょうが、そんなことは不可能ですね。
悟りは思い通りにならないときの不幸感を和らげたり、感じなくする力があります。

お伝えしているように、悟りとは自分に対する認識が変わることです。 自分に対する認識が変わることで、不幸だと思っていた出来事が、「不幸だなんて思わない」となります。 そもそも、幸せとか不幸せとか自体がないのです。 もちろん幸福感はありますよ!! 悲しいことだってあります。 でも流れるのです。 そこに留まらないのです。

脳のクセに支配されると、自分へのこだわりが強くなります。 自分へこだわると、幸福感や不幸感の中に埋没したがります。 幸福感に埋没すると次第に薄れていく幸福感を追いかけます。 あの頃はよかった、あのときに戻りたい、って感じですね。 不幸感に埋没すると妬みや憎しみ、悲しみを生みます。

悟ると自分へのこだわりが消えてなくなりますから、幸福感にも不幸感にもとらわれることがなくなるのです。

よく、悟ると欲もなくなるから生きていても楽しいことなんてないのでは、と言われる方がおられますが、とんでもない勘違いです。 実のところは、欲がなくなると人生は楽しいだけのものになります。

少しイメージしてみてください。 あなたは、永遠の存在です。どこへ行こうと何をしようと自由です。そしてあなたの前をいろいろな出来事が通り過ぎて行きます。

さぁ、そのときその出来事に埋没しようと思いますか?
思いませんよね。 それどころか、次は何が起きるだろう、ってわくわくするはずです。お金があろうがなかろうが、健康であろうが病気であろうが、目の前を過ぎていく出来事をただ楽しく眺めることができます。

もし自分の人生が今イメージしていただいた通りのものであれば、
楽しいと思いませんか?
幸せだと思いませんか?

だからお釈迦様は「悟りなさい」と言われたのです。

-悟りとは
-, , , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.