食と健康

食物繊維って、本当に体に良いことばかりなのでしょうか?

更新日:

337998118_e4566fa55c_o

photo credit: aka*Travz via photopin cc

 

大腸ガンの予防には食物繊維がよい?

食物繊維は大腸ガンを予防する、
という説は30年以上も前の話です。

食物繊維を多く含む食品を
日常的に摂取しているアフリカの原住民は、
欧米の白人に比べ、大腸ガンになる確率が非常に低い、
と熱帯病専門の医師が提唱したからです。

果物や野菜、全粒粉など、食物繊維を多く含む食品を食べれば
大腸ガンを予防できる、というものです。

昨日お話しした、マーガリンの植物油信仰と同じように、
食物繊維信仰が誕生しました。

まるで食物繊維の不足が、すべての病気の元のように宣伝して、
食物繊維を含んだ商品を販売しているケースも見受けられます。

その後、アメリカの看護師8万人以上の検査データに基づいて
分析がなされた結果、大腸ガンになる危険率は、
食物繊維の摂取量が多くても少なくても同じである、と判明しました。

ちなみに、最小8グラム、最大35グラムという食物繊維の摂取量の差すら、
まったく大腸ガンの発症には関係が無かったのです。

食物繊維がもたらす有害効果の報告もあるのです

食物繊維を積極的に摂っても、大腸ガンの予防にはならず、
便秘の解消にもならない、というのが現在の世界的な専門家の主な見解です。

私たちの周りには、いまだに食物繊維信者の方が多くおられます。

ある仮説を利用して、商品を大々的に宣伝するものの、
その仮説が証明されないか、誤ったものだと判明しても、
訂正されるまでには時間がかかるのです。

昨日もお話ししましたが、特に健康情報に関しては、
鵜呑みにするのは危険です。

2008年にイギリスのガン研究者が、

「食物繊維の薬剤は、ヒトに関する各種調査において利点は全くない。
 そればかりか、ガンについての動物実験では有害効果が認められるため、注意が必要」

と警告しています。 

むやみに情報を信じ、安易に商品を購入し利用すると、
健康に悪影響を与える危険性がある、ということを理解しておいてください。

研究が進んで、新しいことが発見されれば、また違った話になります。
現時点ではこのように考えられている、という程度の認識に留めておいてください。

-食と健康
-,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.