命の神秘 思考と現実

道元禅師、畢竟(ひっきょう)じて何の用ぞ。

更新日:

3918829718_d14f2a5d8b_z

photo credit: 水 Stormchild via photopin cc

道元禅師(1200-1253)が中国の禅寺で高僧伝を読み修行をしていたときのエピソードです。

「 一日(いちじつ)、示(じ)に云(いわ)く、
  我れ在宋(ざいそう)の時、
  禅院にして古人(こじん)の語録を見し時、
  ある西川(せいせん)の僧の、道者(どうしゃ)にて有りしが、
  我れに問ふて云(いわ)く、
  「何(なに)の用(よう)ぞ」。
  答えて云く、
  「古人の行履(あんり)を知らん」。
  僧云く、
  「何の用ぞ」。
  云く、
  「郷里に帰りて人を化(け)せん」。
  僧云く、
  「何の用ぞ」。
  云く、
  「利生(りしょう)の為(ため)なり」。
  僧云く、
  「畢竟(ひっきょう)じて何の用ぞ」。」

(『正法眼蔵随聞記』三・一五)

道元禅師が経を写していると、その寺の僧が
「何のためにそれをするのか」と問いかけます。

道元は「学びたいからだ」と答えると、
再び「何のために学びたいのか」と聞かれ、
「郷里の人々を安らかにしたいからだ」と答えます。

更に僧は「それがいったい何の役に立つのか」と問い、
道元は答えに詰まった、というお話です。

普通?の人なら、「えーい、うるさい」となるでしょうが、
さすが道元、自分の中で答えを見つけたんでしょうね、
日本に帰り、曹洞宗の源流となりました。

途中で考えるのをやめてしまうと、それが何になる、という問いが重くのしかかり、
何も出来なくなってしまいます。

これをしても何にもならんのじゃー、
んじゃ、やーめたって感じですね(^^;

多くの人の反応です。

中には、何もしない理由に使う人もあります。

なんでせんのん?
やっても何にもならんのんじゃもん^^

 
このエピソードにもいろいろな解釈がなされていますが、「ひっきょう」・・・
「ひっきょう」とはとどのつまりという意味です。
とどのつまり、深く深く考えて答えを見つけなさい、ということです。

自分の喜びや幸せは、誰かに、あるいは何かに依存しているのではなく、
自分の中にあります。

私たち一人一人が答えを持っているのです。

 
たまには深く深く自分に問いかけてみませんか?

「何のためにそれをするのか」
「それがいったい何の役に立つのか」

 
こちらの記事もぜひどうぞ
 ⇒健康で幸せな人生を送るのに、能力を無駄遣いしている余裕はありません!!
 ⇒人生は、思い通りに「しか」ならない厳しいものなのです。

-命の神秘, 思考と現実
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.