食と健康

すべて毒にもなれば薬にもなる?

更新日:

3413240556_61846a6612_b

photo credit: marcp_dmoz via photopin cc

 

昔、スイスのパラケルサスという医者は言いました。

 ──すべてのものは毒である。
   なぜなら、毒性のないものはないからである。
   それが有害か無害かは量で決まる
 
つまり、食べるものすべてが毒である、と言ったわけですね。
 
現在でも立派に通用する説です。

致死量って、普段食べているものにもあるのです

私たちが生きて行く上で絶対に欠かすことのできない
塩でさえ、致死量というものがあります。
 
財団法人日本中毒情報センターによると、
私たちが日常的に摂取しているものの致死量は・・・
 
アルコールの致死量は、380~460ml程度だそうです。
「急性アルコール中毒」という言葉は良く聞かれますし、
死に至ることがあることも分かりますよね。
 
では、カフェインの致死量は?
 
そんなもので人が死ぬの?なんて思っていませんか。
 
カフェインの致死量は3~10g。
なんとコーヒー75杯分が致死量なんです。
 
コーヒー好きな人、気をつけましょう。
 間違っても一度に70杯のコーヒーは飲まないようにしてくださいね。(笑)
 
紅茶だと125杯、缶入りコーラだと120本以上で命の危険が・・・
 
塩の致死量は30~300g。
醤油は168~1500ml。

日常的に飲んだり食べたりしているものに致死量があるなんて、
ビックリですよね。
 
数値に幅があるのは、個人差です。
 
もちろん子供は、もっと少ない量ですから、気をつけましょう。

薬には副作用がつきものです

日常的に食べているものにも致死量があるというのは
ちょっと実感しにくいかもしれませんが、

薬だったら、もっと分かりやすいのではないでしょうか。
良い薬でも、「薬も過ぎれば毒となる」のは皆さんご存知ですよね。

それに関係することですが、薬にはかならず副作用がついて回ります。

薬など主作用のあるものは、必ず副作用があるのです。

サプリなどで、天然成分だから副作用がありません、
といった広告を見かけます。

もし本当に副作用がないということは
主作用もない、つまり全く効果がないということです。
「毒にも薬にもならない」のです。

 
アメリカ・トロント大学の研究者が権威ある雑誌(JAMA)に発表しました。
薬の副作用による死亡が、死因の第4位になるというものです。

◯ 日本とアメリカにおける死亡原因

    日本     アメリカ
1位  ガン     心臓病
2位  脳卒中    ガン
3位  心筋梗塞   脳卒中
4位  感染症    薬剤の副作用

ただ、この研究は全ての副作用例を調べたわけではなく、
39の論文から副作用を起した人の割合を算出し、
それにアメリカの総人口を掛けた推計値であるため、
この説を正しくないとする学者もいます。

いずれにせよ、むやみに薬やサプリメントを使用するのは
よくないと言えますね。
(参考記事 ⇒ビタミンサプリの摂取で早死にする危険あり!?

健康情報に振り回されるのもほどほどにしないと

食べ物や飲み物では、普通に生活していれば、
致死量を超えて摂取してしまうことはまずあり得ないはずですが、
適量を楽しんで頂くというのは大切なことです。

テレビなどで、特定の食べ物が体に良いように発信されていますが、
特定の食べ物だけで健康が維持できることはありませんし、
どんなものでも一定量を超えれば害が出てきます。

薬の服用にせよ、食べ物の摂取にせよ、
万人に通用する基準などありません。
個人差がありますし、日によって体調も異なります。

薬についてはお医者様の指導もありますから、
よけいに判断が難しくなりますが、

食べ物については、自分の体や嗜好のことですから、
自分でコントロールが可能です。

好きだからといって食べ過ぎてしまったら、
食べ過ぎちゃったなあ、と思ってしまいますよね。

動くのが辛いほどお腹がパンパンになったら、
体に負担がかかっているのは実感しますよね。

塩分のとりすぎが良くないと言われているからといって
薄味にして、味がうすいなあ、と思いながら食べても美味しくないですよね。

食事についていえば、私たちは、
もともと「食べ過ぎたら毒にもなるもの」を
毎日食べて生きているということです。

自分の体や心が喜んでいるか、まずは聞き分けることが大事です。

それが分かったら、
体や心が喜ぶように、食事をいただく。生活する。

自分のための健康ですからね。
「巷の健康情報のために」健康に気をつけている訳ではないのですから。

 
こちらの記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒健康のために心掛けるべき2つのこと
 ⇒高血圧と塩の関係、塩は本当に悪者なの?

-食と健康
-, ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.