脳と健康

快脳健康法 ─ 病気は脳で治せ!!

更新日:

694780262_8874b4f225_b

photo credit: lucapost via photopin cc

 

「病気は脳で治す」ってどういうこと?

私たちの命は、自律神経や免疫、内分泌など、
神秘的な働きで支えられています。

病気は、これら命を支える働きが弱った結果です。

ほとんどの病気は、広い意味での自律神経失調症といえます。

いろいろな原因で、自律神経の働きが悪くなったことから、
病気は作られるのです。

ということは、自律神経の働きを正常にすることが出来れば、
病気は治る、ということになります。

自律神経を支配しているのは、脳の一部「脳幹」です。

つまり、「脳幹」の働きを活性化し、
自律神経の働きを整えれば、病気は治るということです。

病気は脳で治せ、というわけですね。

病気を作るもの

ところが、不平や不満が頭の中にたくさんあると、
「脳力」が十分に発揮されません。

命を支えている自律神経や免疫などの働きが悪くなるのです。

不平や不満は、「大脳」の自己保護という性質から生まれてきます。

これが、生命維持の脳幹の働きを弱めてしまうのです。

病気を治したければ、まず、
頭から不平や不満を追い出すことが、何よりも大切です。

健全な脳の働きが病気を治すのです。

病気を治すもの

多くの人は、治療で病気が治ると勘違いしています。

しかし、病気は、私たちの体に備わっている

「自然治癒力」でしか治すことはできません。

あらゆる治療や薬は、その手助けでしかありません。

病気を治そうとしたとき、
一番頼りになるのは、自分自身の治癒力です。

にもかかわらず、
病気になった人が一番大事だと考えるのが、治療です。

そして、病気で苦しんでいる人の多くは、
不平や不満、不安で頭がいっぱいになっています。

これでは、脳幹の本来の働きが阻害され、
生命力が十分に発揮されません。

病気は、脳の働きを活性化し、
正常にすることで、治すことができます。

私たちが本来持つ、生命力、自然治癒力が治すのです。

病気を治す「脳力」を活性化させるもの

命を支える働きを良くするには、喜びが必要です。

脳を快感で満たしたら、脳力は最大限発揮されるのです。

心から楽しいと思えること、嬉しいと思えることで
脳内を満たしましょう。

病気が治ったら、喜ぶのではありません。

喜ぶと病気が治るのです。

それが脳と命の関係です。

このことが心から理解できると、
あなたの病気も快方に向かいます。

 
次の記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒脳幹を活性する ─ 病気を治す一番の治療法
 ⇒脳の喜び ─ 本能に従って生きましょう

-脳と健康
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.