人間の特性

「人間の野性」について、さらに深く見てみましょう。

更新日:

photo credit: Tambako the Jaguar Rhino calf running! via photopin (license)

 

今日は、野性について、もう少し踏み込んで考えてみましょう。

変化していく野性

野生の動物は目に見える変化をしません。
人間が関与しないとすれば、環境の変化に適応していくくらいの変化でしょう。

ところが人間は、自らとてつもない変化を遂げてきました。

その変化につれて、野性の定義も当然変化しています。

原始時代には、人間の野性も動物とそれほど変わらなかったと思います。

それが、文明の発達とともに、人間の野性も変わってきました。

例えれば、私たち自身の成長とともに、心の変化があるように。

人間の野性」=「人間らしさ」=「愛」?

私たち自身も、赤ちゃんの時は、
お乳が飲めて、おしめがきれいであれば
そこそこ満足出来ていました。

ところが少し成長すると、それだけでは満足できなくなります。

自我が芽生えてくるんですね。
欲求が出て、しかもそれが増えてきます。
欲求を満たすことが、すべての行動の動機です。

もう少し成長すると、また変化が起こります。
他人の気持ちが推測できるようになります。

好きな人でも出来ると、一層顕著になります。
好きな人に喜んでもらおうとします。
人の喜びが自分の喜びになります。

そして・・・

子供が生まれると、自己犠牲とでも言えるほど、
子供に、自分の時間も、気持ちも注ぎます。

自分以外の人に、喜びの対象が移ることが「愛」と言えます。
 

私の口から「愛」が出るなんて・・・
という揶揄が聞こえてきそうですが、聞こえない振りをして続けます。(笑)

「人間らしさ」とは「愛」とも言えます。

あなたの周りにいる、輝いている人、「愛」をいっぱい持っていませんか?

心の中に「愛」を満たしましょう。
「脳力」が強化されます。

 
次の記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒思い切って「本能を剥き出しにして」生きてみませんか。
 ⇒「人とつながる」、それは私たち人間の本能です。

-人間の特性
-, ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.