思考と現実

脳の使い方次第で人生が幸にもなれば不幸にもなる

更新日:

bsMIYA16021200DSC_1905

私たちは日々、私たちの意識で私たちの環境を作り出しています。
この世のほとんどの現象は脳が作り出しています。

今のあなたの状態は、過去のあなたの意識が作り出したものです。

意識は大脳から生まれますから、
あなたの大脳が不平や不満でいっぱいだと、
あなたの未来は不平や不満でいっぱいの未来になります。

現実を創造し、現実を変えていくのは私たちの想像力

私たちには創造する力が与えられています。

私たちの思考が、日々新しいものを作り出しています。

私たちの身の回りのほとんどのものは、人間の脳から出てきたものです。

新しい商品、新しいサービス、

机も椅子も、テレビもパソコンも、あれもこれも・・・

そして新しい環境。

脳から出てくるものは、そんな「物」だけではありません。

私たちの命を脳が支配している限り、健康や病気も脳がその鍵を握っています。

感情も脳が支配していますので、幸福や不幸も脳がその鍵を握っています。

ということは、脳を正しく使うことで、
私たちは欲しいものを手に入れることができるようになります。

脳の働きは私たちの人生を決定します。

私たちの人生の全ては、私たちの脳が作り出した現象なのです。

今あなたが、病気や不運に見舞われているなら、
その原因はあなたの脳にあります。
(こちらの記事もぜひ参照下さい。
 ⇒病気を作ったのも自分なら病気を治すのも自分

悩み多き人生は悩み多き脳の顕れ 喜び多き人生は喜び多き脳の顕れ

私たちの悩みの全ては、私たちの脳から作り出されています。
自分の脳で作り出した悩みで、自分を苦しめています。

その苦しみが脳の働きを悪くし、更なる悩みや苦しみを生みます。

悪循環ですね。

自分の思考に目を向け、過去の記憶や未来のイメージを押さえ込むと、心が落ち着きます。

悩みや苦しみの正体を見破ると、悩みや苦しみとの距離が開きます。

ところが・・・

自分の脳から出てきた、すべての悩みや苦しみ、

それらの悩みや苦しみが、自分で作り出したものだと気づいている人はほとんどいません。

まるで外から与えられたもののように、処理し難いもの、と捉えています。

そして、病気の人は、これ以上悪くなったら、命も危ない、
と悪くなったイメージを膨らませます。

不運に見舞われている人も、これ以上悪くなったら、と色々な不幸をイメージします。

思い当たりませんか?

無意識のうちに、悪いイメージを膨らませるのは、大脳の自己保護の性質によるものです。

悪い状態を想定しておいて、それに備える、というか、
ショックを和らげようとする働きです。

はっきり言うと、なんの価値もない働きです。

価値がないどころか、有害でもあります。

なぜなら、悩みや苦しみは、脳の働きを悪くするからです。

脳の働きが悪くなると、病気は余計に悪くなるし、不運は離れてくれません。

 
大脳の自己保護という性質に従って生きているうちは、
脳は本来の力で働くことができません。

大脳を制御しなければ、
あなたの未来は、不平や不満、嫉妬や怒りに満ちたものになります。

なぜなら、制御していない大脳の中には、
不平や不満を始めとしたものを主に入れているからです。

 
今のあなたの感じている環境は、過去のあなたの意識そのものです。

あなたの意識の状態が、次にあなたがどんな環境を作り出すのかを決めます。

あなたにとって100点満点の環境が欲しければ、
100点満点の意識でなければなりません。

脳は正しく使いましょう。

脳を正しく使うことで、健康や幸せを手に入れることができます。

 
次の記事も是非参考にしてください。
 ⇒「人生をより良く生きる」それは他の誰でもない自分の意思であり現実である。
 ⇒大脳はおしゃべりが過ぎるし、脳幹は控えめ過ぎる、微妙な両者の関係

-思考と現実
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.