人間の特性 脳の性質

大脳は悪? ─ 私たちが悪人なのは大脳の所為?

更新日:

5687720865_25dae04c1c_b

photo credit: Rosa Dik 009 -- OFF - ON via photopin cc

 

前回、私たちの中にいる善人と悪人の話をしました。
(参照 ⇒悪人正機と言うけれど、現世では、悪人には病気も不運も降りかかります

脳幹に収まっている本能に従うとき、善人であり、
大脳の自己保護の性質に従うとき、悪人である。

しかし、大脳そのものには善も悪もありません。
ただ私たちの、大脳の使い方に、良い悪いがあるのです。

私たちは初め、無垢な命として生まれたけれど・・・

私たちの脳は二つの方向性を持っています。
「脳幹」と「大脳」の互いに相反する二つの方向性です。
(参照 ⇒脳力を開花する ─ 私たちの脳の、相反する2つの働き

私たちは、善そのもので生まれてきます。

生まれてくるとき既に、
脳幹には生きるために必要なすべての情報が収められています。

対して大脳は、ほぼ白紙で生まれてきます。

生まれた時は善そのものです。
悪の要素は一つもありません。

成長に従って、大脳で自己保護という性質が育ちます。

段々と、自分を認識するようになり、自分を守る思考が育ってきます。

それとともに、不平や不満、妬みや怒りなどの思いが生まれます。

頭の中を覗いてみれば、このような思いがたくさんあるのが分かるはずです。

成長とともに、大脳で自己保護という性質が育っていくと、
悪の部分が生まれてくるのです。

ところが、この自己保護の性質は、
自分が一番大事で正しいと考えますから、

これらの悪い思いをすぐに正当化してしまいます。

その性質に従って、自分が一番になります。

優れた人に会っても、この部分は自分の方が優れているな、
と無意識のうちに思ってしまいます。

そして、自分の意見が一番正しいと思いたがります。

だから、その意見に反対されたり、馬鹿にされたりすると、腹が立ちます。

大脳の自己保護という性質を仏教では「自我」と呼びます。

自分自身の「自我」を客観的に見つめると・・・

とても善いものだと言えませんね。

自己保護という性質は悪い思いの源なのです。

病気の本当の原因は何ですか?

病気の原因は、

1.有害物質が入ってくる
2.必要な栄養の不足
3.身体への負荷のかけ過ぎ
4.運動不足
5.ストレス

と一般的に考えられています。

もちろんこれらも脳幹の働きを悪くし、病気を作ります。

ところが、もっと脳幹の働きを悪くすることがあります。

それが、大脳の自己保護という性質を主体に生きることです。

大脳の自己保護という性質を主体に生きると、
命を支える脳幹が十分に働けなくなります。

 
別に脳を持ち出さなくても、観念的に理解できます。

自己保護という性質は自分を一番に考える性質です。
自分を第一に考えて、日常生活がうまくいくと思いますか?

ストレスで満ち溢れますよね。

当然病気にもなりやすくなり、幸せも遠ざかります。

人生の悩みや病の原因は、大脳の自己保護の悪しき習慣にあります。
つまり、それをうまく直すことができれば、病気の原因が一つ減ります。

頭の中の思いをよく観察してみてください。

不平や不満、怒りや妬み、心配に自慢・・・
汚いもので満たされていませんか?

すべて自己保護という性質から出てくる思いです。

その思いが、生きる脳である脳幹の働きを弱めます。

自己保護という性質に従うと、自分の人生を損ないます。

問題は、ほとんどの人がその事実に気づいていないことです。

この性質に気づかず、この性質に従って生きる限り、
私たちは善く生きることが出来ません。

気がつかないまま、
自己保護という性質の支配下で人生を送ることになります。

つまり、悪に支配されて。

大脳の自己保護という性質に従うことが多いほど、
多くの悩みを抱えることになります。

病気もその一つと言えます。

 
大脳を自己保護の悪い性質に明け渡さず、
うまくコントロールしましょう。

脳幹に収められた人間の特性に従って、
頭のなかを良い思い、楽しい気持ちで満たしましょう。

大脳は使い方次第で、素晴らしい能力を発揮します。
過去に学び、未来を自由に展望することができるのも、そのお陰なのですから。

このことに気づけば、病気も他のどんな悩みも、解消します。

 
以下の記事も参考にしてください。

 ⇒脳幹の特性を理解し、それに従って脳力を100%発揮しましょう。
 ⇒知らぬが仏、では済まされない厳しい法則がこの世にはある。

-人間の特性, 脳の性質
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.