人間の特性 思考と現実

「人生をより良く生きる」それは他の誰でもない自分の意思であり現実である。

更新日:

2318741763_fd33b5850e_b

photo credit: victor_nuno via photopin cc

 

私たちは、「生きる」という命の特性に従って、
何も考えなくても、生きていくことはできます。

問題は、一度しかない人生を、より良く生きようと思うかどうかです。

私たちは自由な思考という特性を与えられています。

何を思い、何を考えるのも自由です。

どういう人生を生きたいか、その選択も自由です。

もし、より良い人生を過ごしたいと思うなら、
脳の働きを理解する必要があります。

 
私たちは、何のために生まれてきたのでしょうか。

そんなものは分からない、知らない、考えたくもない、
な~んて思ってないでしょうね!?

私たちは、生きる進化する人とつながる、為に生まれてきました。

進化してますか?
人とつながっていますか?

これが出来ないと、脳の働きはどんどん悪くなってしまいます。

すると、結果として病気や不運がやってきます。

不平や不満、愚痴や自慢や怒りなどが頭を支配していませんか?

そんなものに頭を明け渡している間、
あなたの脳は少しづつ、その本来の力を失っているのです。

思うこと、考えることは、まず第一に脳内の「現実」である。

何を思い、何を考えるのも自由ですが、

しかし、思いや考えが及ぼす影響からは、自由ではありません。

思いや考えは、自然の法則に従って、自分に影響を与えます。

不平や不満、愚痴、嫉妬に怒り、といったもので
思いが占められていては、なかなか健康にはなれません。

命の元である脳幹の働きが悪くなるからです。

今、病気で苦しい思いや楽しくない思いをされている方は、
しっかりと考えてみてください。

自分の頭の中にある、自己保護という性質から出てきた思いは、
自分の健康や、人生の幸せと引き換えにできるほど、価値のあるものなのか。

私たちは、幸せになるという目的を持って生きています。

その目的を邪魔しているのは、ほかならぬ自分自身なのです。

大脳の自己保護という性質をきちんと管理しない限り、
幸せは一時的なものの繰り返しになります。

脳の働きを理解し、本能の呼びかけに耳を傾けましょう。
自分を高め、そして人とつながりましょう。

そうすれば、健康にも、幸せにもなって、
生きること自体、輝きだします。

 
以下の記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒知らぬが仏、では済まされない厳しい法則がこの世にはある。
 ⇒健康で幸せな人生を送るのに、能力を無駄遣いしている余裕はありません!!

-人間の特性, 思考と現実
-, , , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.