人間の特性

マイナスの感情は、人間の野性なのでしょうか?

更新日:

photo credit: 123_456 160319_004 via photopin (license)

心配や不安の感情は、人間の野性?

動物は明日のご飯の心配をすることもありませんし、
病気で不安になることもありません。

心配や不安は、人間の特性だと言えそうです。

では心配や不安は、人間の「野性」だと言えるのでしょうか。

心配や不安は「生きていくため」に獲得した性質です。
明日の食事や物陰に潜む野獣、自然災害などから自分を守るためには、
心配性でなければ生き延びることが出来なかったと思われます。

これら心配や不安は、生きるために獲得した特性であっても、
けっして心が弾むことはありません。
心配して不安になって、楽しい人は一人もいません。

対して、「楽しい、幸せ、快い」などを嫌がる人は一人もいないはずです。

このことから、私たちが生まれながらに与えられた人間らしさ、
「野性」とは、心が弾む、わくわくする、等の心の働きだと考えられます。

人間の野性と私たちの「脳力」

私たちは「脳」に支配されて生かされています。

今のあなたの「脳」の状態が、あなたの健康のレベルであり、
ビジネスでの成功のレベルです。

もっと健康に、もっとビジネスを順調に、と思うなら、
対症療法的な治療やテクニックだけに囚われず、
「脳力」を強化することにお金や時間をかけることが必要です。

いつも繰り返して言うことですが、
自律神経、免疫、内分泌など、命を支える仕組みが働くことで
私たちは生きて行くことが出来ます。

この生きる仕組みを支配しているのは、「脳」の一部、「脳幹」です。

発想力や創造力も、「脳幹」から生み出されます。
「脳力」の強化が、健康とビジネスの成功を後押しします。

そして、人間の野性にしたがって
人間らしく生きることが、脳力を活性化します。

 
次の記事もぜひ参考にどうぞ。
 ⇒マイナス思考でいいじゃない。
 ⇒脳力を開花する ─ 私たちの脳の、相反する2つの働き

-人間の特性
-, ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.