人間の特性

マイナス思考でいいじゃない。

更新日:

 

プラス思考とマイナス思考

プラス思考がよいと、当たり前のように発信されています。

プラス思考でなければ、幸せもビジネスの成功もないのか、
と思わせられるほどです。

私たちは、脳の支配を受けて生きているとお話しました。

脳が、やる気ホルモンを出し、順調に仕事をし、さらにやる気を出し・・・

このように、やる気ホルモンが溢れてくると、
脳は制御ホルモンを出し、やる気ホルモンの分泌を抑えます。
ハイになり過ぎないように、制御されているのです。

仕事でも、イケイケばかりでなく、
慎重さが必要な時があるのと同じですね。

前回の記事でお話しましたが、
マイナス思考は、自分の身を守り、生きていくために獲得した性質です。

だから、マイナス思考も欠かせない思考なのです。

大切なのはバランスです。

バランスのとれたマイナス思考?

心配や不安が心に浮かんだ時、
その心配や不安の正体を見極めましょう。

とことん見つめてみると、多くの心配や不安が
どうにもならないことなのに気がつきます。

どうにもならないのなら、手放すしかありません。
マイナス思考を突き詰めると、プラス思考に転じます。
心配や不安が心に浮かんだら、それが一体何なのか、よ〜く見つめてみましょう。

それでもマイナス思考が頭から離れないときは、
脳が疲れているときです。

スポーツをして体を動かしたり、睡眠をとったりして、
気分を変えてみましょう。
あなたにあったやり方でリフレッシュして、
脳の疲れを取り除きましょう。
 

次回は、マイナス思考、心配や不安について、
もう少し考えてみます。

 
次の記事もぜひ参考にしてください。
 ⇒「考える」ことと「悩む」こと
 ⇒自己否定や自己嫌悪の思いは誰も幸せにしません
 ⇒健康のために心掛けるべき2つのこと

-人間の特性
-,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.