脳と健康

脳幹を活性する ─ 病気を治す一番の治療法

更新日:

961594716_33000b1b76_o

photo credit: kakki**** via photopin cc

 

多くの人は、病気になったら病院で治療、と自然に考えてしまいます。

病院は嫌いだと言われる方も、何らかの代替医療を選択されます。
近代医学にせよ漢方にせよ、その他の代替医療にしても、
自分が一番だと信じる方法で病気を治そうとします。

どれか絶対のものがあれば決着は付くのでしょうが、
いずれの方法も、治る人もいれば治らない人もいます。

あなたはどれを選んでいますか?

病気を治す主役はあなた自身の生命力

そもそも、病気は治療で治すもの、
という考え方が、病気の治りを遅くします。

もちろん、それが間違っているとは言えないのですが、
それが全てではありません。

 
病気はいろいろな原因で脳の働きが低下した状態です。

どんな治療も、どんな代替医療も、
結果として脳の働きが良くなるから、病気が治ります。

例えば、何か必要な栄養が不足していると、
それを原因として、脳の働きが弱り、体調が悪くなります。

必要な栄養を摂取することで、脳の働きが良くなり、体調も回復します。

こんな具合に、病気が治る治らないは、脳の働きに依存しています。

 
たとえ世界最高の治療を受けようとも、
最後に頼りになるのは自分の生命力です。

その生命力は、脳の一部、脳幹から出てきます。

脳幹は、自律神経系などの生命維持の働きを支配しています。

どんな治療をしても治らないのは、
自律神経系や免疫系、内分泌系の働きが良くならないからです。

反対に、どんな治療でも、
自律神経系や免疫系、内分泌系の働きが良くなれば、病気は治ります。

従って、それらの機能を司る脳幹の働きがよくなれば、病気は治ります。

どんな治療でも、脳の働きが良くなれば病気は治るというわけです。

生命力を司る脳幹を元気にするもの、元気を奪うもの

脳幹は、頭のなかに抱える様々なマイナスの思いで働きを悪くします。

反対に、生きていることを喜んでいる時、脳幹の働きは良くなります。

したがって病気は、
楽しく、幸せに、そして心に安心が広がると、必ず快方に向かいます。

ところが、ほとんどの人は、
病気さえ治れば、楽しく幸せになり、そして安心できるのに・・・
と思っています。

 
何か事件が起きると、動機を調べます。

すべての行為の背景には、必ず動機があるからです。

動機というと大げさですが、

自分が話したり、行動したりするためには、
頭の命令が必要だということです。

心の働きに現象は付いてきます。

どんな場合でも逆はありません。

思うことは、体に直接影響を与えます。

腹が立つと、顔が赤くなったり血圧が上がったり。

楽しい、幸せ、安心・・・

こんな思いになったとき、体はせっせと本来の仕事をするようになります。

 
それでも、毎日楽しいことばかりじゃないし、
ことさら幸せでもないし、不安はいっぱいあるし・・・

そう思ってしまう人は、脳の働きをまだよく知らないのです。

脳が現実を作り出している、という真理を理解すれば、
そうは言ってられないことに気づくはずです。

 

脳の働きを知らないまま生きることは、
自分の人生を人任せにして生きることと同じと言えます。

 
病気を治すには、脳の働きを良くすることが一番の近道です。

脳の働きを良くして脳幹を活性し、
生まれ持った生命力、自然治癒力を最大限に発揮する。

そのためにまず、
脳幹の働きを阻害する、悪い思いを取り除く必要があります。

そして、頭のなかを良い思い、楽しい思いで満たすことです。

それが、どんな治療を選ぶにしても、まず取り組むべき治療法です。

 
脳に安心が満ちたとき、脳幹は最大限の働きをします。

この時、心が病気で苦しむことはなくなります。

 
次の記事も参考になります。
 ⇒脳幹は、気持ちの良いこと、楽しいことをすれば活性される。
 ⇒快脳健康法で解き明かす因果応報の仕組み

-脳と健康
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.