「 釈迦 」 一覧

ガンと脳のクセ

2015/03/18    , , ,

ガンは治療するのが良いのか、しないほうが長生きできるのか、静かにですが論争は続いています。
脳は正解・不正解を求めまるクセを持っていますから、自分の信じる価値観に従って正解だと思い込んでしまいます。
あやふやな根拠に命を任せるのではなく、安心を悟りに任せてはいかがでしょうか。

自己保護の方向は損か得か、です

自分では考えているつもりでも実は考えていません。多くの場合ただ反応しているだけです。無意識の判断基準が損得なのです。

脳のクセを捨てるのが成功の秘訣!!

2014/11/19    , , ,

脳のクセを捨てるのが成功の秘訣!! 何度も言うように大脳はほぼ白紙の状態で生まれてきます。 成長する過程で自己保護という性質が育ち、作られた価値観を絶対のもののように感じる脳のクセが作られます。 この脳のクセの奴隷になったままでは、自分の幸せを自分の環境に依存することになります。

自分の幸せを邪魔するのは自分の脳のクセ

2014/11/14    , , ,

成長する過程で備わる「自己保護」という性質から生まれる脳のクセが逆に自分の幸せを邪魔しています。 すべての悩み、すべての怒り、すべてのイライラ・・・ 自分では気付いていないでしょうが、すべてこの脳のクセから生まれます。 脳のクセ ほとんどの人が気付いていない脳のクセとは一体どのような

悩む暇があったら、考えて、考えて、考えて、考え抜きましょう。

自分がなぜ生きているのか分からないのに、またそのことについて深く考えることもないのに、健康や病気が分かるはずもありません。健康に一番大切なのは、安定した安心感です。一番大切なことをほったらかしにしておいて、栄養がどうのこうの、あの健康法が良いだ悪いだ、と論じるのは馬鹿げていると思いませんか?ではどうしたら安心感を得られるのか。

この世で最大の疑問は何か、について考えてみる。

私がお伝えしているのは、考えよう、ということです。考えて、分からなければ調べよう、ということです。私がお伝えしていることを頭から否定する人。私がお伝えしていることを、そうだその通りだ、と全面的に信じる人。どちらも、この世の原理原則を理解していないことになります。私の話は、自分なりの答えを見つけてもらうための一つの考え方をお話ししているのに過ぎません。もしあなたが病気であるなら、

あなたは何故、生きているのですか? ─ 命に思いを馳せる

私たちが生きていられるのは心臓が動いているから。まぎれもない事実ですが、どうして心臓が動き続けるのかは誰にも分かりません。解剖生理学の専門書をひも解いても、なぜ心臓が動くかの記述はありません。ペースメーカー細胞だの、特殊心筋細胞だの、難しい言葉は出てきますが、なぜ動くかということは分からないのです。つまるところ、心臓は自動で動いている、と解釈しているだけなのです。あなたは心臓がなぜ動いているのか、考えたことがありますか?

宗教も科学も、おなじ山の頂にいたる二つの道、真理への道

宗教なき科学は不具であり、科学なき宗教は盲目である。「現代科学に欠けているものを埋め合わせてくれる宗教があるとすれば、それは『仏教』です」 これはアインシュタインの ...

宗教と信仰と生きる力

2013/08/03    , ,

基本的に宗教は依存を誘います。神や仏にすがれ、という具合いですね。私も自分の病気を治したい一心で、熱心に宗教活動をしたことがあります。救われたいから言われるままに活動する。症状が何ら変わらないと、疑問が芽生える。信心が足りないからだと言われる。熱心に活動している人でも ...

快脳健康法と仏陀の教え

私たちは何のために生まれてきたのでしょう。この問いに対しては、人それぞれの答えがあるでしょうが、私は、人は進化するために生まれてくるのだと思っています。なぜなら、この世の全ては進化しているからです。そして、進化の行き着くところは ...

脳幹の特性を理解し、それに従って脳力を100%発揮しましょう。

2013/06/25    , , , ,

私は脳を、脳幹と大脳とに分けて捉えることで、なぜ病気になるか、の説明が出来ると考えています。脳幹の働きが私たちの健康状態を決定し、脳幹の働きは、大脳の働きに依存しています。多くの人は、毎日の精神活動の中で、脳幹の働きを悪くし、病気を作ってしまっています。脳幹は生まれた時すでに ...

因果という知恵を身につける

2013/05/22    , ,

「蒔かぬ種は生えぬ、生えたものは自分の蒔いた種ばかり」これは、お釈迦様が説かれた因果の法則です。つまり、自分の人生に起きる、どんな良いことも悪いことも、すべては自分で種を蒔いたからだ、ということですが、これをすっかり受け入れるには、なかなか勇気が要ります ...

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.