人間の特性 脳と健康

知らぬが仏、では済まされない厳しい法則がこの世にはある。

更新日:

 

「健康のために」といってあれもこれも手を出す前に、まずやるべきこと

健康のために、食事のバランス、運動、ストレス解消、
がとても大切なのはご存知の通りです。

なぜなら、結果として脳の働きを良くするからです。

一般的に知られている健康法も、
結果として脳の働きが良くなることで、効果が出ます。

一般的に知られていないのは、
不平や不満、嫉妬や怒りなどが、脳の働きを悪くすることです。

脳の働きが阻害された結果、健康を損ないます。

多くの人が健康を願いながら、不平や不満、嫉妬や怒りなど
脳の働きを悪くすることを躊躇わないのは、大きな矛盾です。

みなさん知らないから、平気なのでしょうか。

心は綺麗? ─ 手心を加えずに、しっかり見つめましょう。

自分の心をよく見つめてください。

何がありますか?

安心・喜び・希望・不安・怒り・愚痴・嫉妬・・・

綺麗なものだけではありませんよね。

では、汚れたものはどこから出てくるのでしょうか。

大脳が成長の過程で獲得した、自己保護という性質からです。

私たちは、とことん自分を正当化してしまいます。

自分を正当化することにかけては、一人ひとりが世界一です。

なぜでしょう?

大脳が自分を守ることを覚えているからです。

そのことをよく理解して、気を付けないと、
脳の働きを悪くします。

 
この世の法則は因果応報です。

どんなに上手に自己を正当化しようと、
自分の思いも、行為も、その結果は、自身に顕れてきます。

受け入れるのが難しいことですが、
自分を変えようと思うことが、病気を治す一歩になります。

自然の摂理に「どのように」身を委ねますか?

自分を正当化して、心から楽しいですか?

どんなに上手く相手を言い負かしても、
スッキリとはしませんよね。

それは、人間は持って生まれた「進化する・人とつながる」
という特性に反しているからです。

脳が本当には喜んでいないのです。

脳幹の持つ特性に反するわけですから、
命を支える脳幹の働きが悪くなるのは当たり前です。

命の特性に反して生きると、
苦しみの中で生きることになります。

逆に、命の特性に沿って生きるならば、
健康にも幸せにもなります。

それが自然の理です。

 
以下の記事もぜひ読んでみてください。
 ⇒宗教も科学も、おなじ山の頂にいたる二つの道、真理への道
 ⇒快脳健康法で解き明かす因果応報の仕組み

-人間の特性, 脳と健康
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.