人間の特性 今を生きる

悩む暇があったら、考えて、考えて、考えて、考え抜きましょう。

更新日:

 

3784049371_e940fb8792_z

photo credit: MyDigitalSLR via photopin cc

 

しつこい、と思われるくらい、考えることについてお話ししています。

でも・・・

悲しいことですが、なかなか伝わることはありません(ノ_・。)

そんなことはない、自分はしっかり考えて生きている

と思われている方に質問です。

あなたは、精神的にも肉体的にも自分がなぜ生きているか、答えることが出来ますか?

30分ほどで良いですから、そのことについて人前で話すことが出来ますか?

多くの方に同じ問いをして、一番多かった答えが、

よー分からん・・・です(^^;

1分以上、自分の思いを話された方は、ほとんどおられません。

論外は、そんなこと考えたこともない、というものです。

 
自分がなぜ生きているのか分からないのに、
またそのことについて深く考えることもないのに、
健康や病気が分かるはずもありません。

自己の確立すら出来ていないのに、健康を願うのは、無理なことです。

なぜなら、健康に大切なのは、安定した安心感だからです。

自己の確立から安定した安心感が生まれ、

そこから積極的な思考や姿勢が生まれます。

そのことがどれほど健康を保つのに良い影響を及ぼすか、言うまでもないことですね。

一番大切なことをほったらかしにしておいて、
栄養がどうのこうの、あの健康法が良いだ悪いだ、
と論じるのは馬鹿げていると思いませんか?

言い換えれば、健康を願うのは自己の確立が出来ていないから、とも言えます。

自分がなぜ生きているのか、そのことが分かれば、
病気も、死でさえ、大した問題ではなくなるからです。

ところが、多くの人は自己の確立を面倒くさいと思ってしまうのです。

そんなことしないでも生きていける、と思うのです。

なぜだか分かりますか?

そうです(笑)

考えることが苦手だからです。

考えたくないのです。

でも悩むのは大好きです(^^;

深く考えれば、悩みは消えてなくなるのに、です。

悩みから逃れたいと思い、でも考えるのは嫌だと思い・・・

大いなる矛盾ですね。

私たちは全ての答えを持って生まれてきています。

でも、その答えはちょっと考えたくらいで見つかるものではありません。

集中して、もっと集中して、大脳にある自己保護というか自我というか、
そんな働きが完全に消え去った時、その静寂の中から答えが与えられるのです。

 
次の記事もご参考に
 ⇒「考える」ことと「悩む」こと
 ⇒脳力を開花する ─ 私たちの脳の、相反する2つの働き

-人間の特性, 今を生きる
-, , , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.