健康よろず語り

健康のために心掛けるべき2つのこと

更新日:

5968447794_d356e7714c_b

photo credit: AlicePopkorn via photopin cc

 

これを食べれば、これを飲めば、これをすれば、健康が手に入る。

そんな情報が溢れています。

いろいろな健康情報を目にすると、
私達は健康で長生きをするために生まれてきたのか?
と錯覚しそうになります。

確かに健康は人生の宝です。

でも、最大の宝は、人生の喜びです。

私達は生きるという特性の下、
人とつながり、進化することで、人生の喜びを感じることができます。

「喜びとともにある長生き」にこそ価値があります。

人生の喜びは追求しないくせに、健康情報には心惹かれる。

どんなに努力しようと、お金をつぎ込もうと、
老いにも、死にも勝てることはありません。

あなたが力を注がなければならないことは、

健康で長生きをすることではなく、

自分の人生を輝かせることです。

喜びとともにある人生を送る、

人生に喜びを見出すことができる、

そんな人は命が輝いています。

当然、元気でいられるわけです。

 
今日は、それでも健康情報が気になる方のために、
健康の礎となる2つのことをお話します。

どんな健康法に取り組まれるのも結構ですが、
この基礎を離れては、効果が出るものもその効用を活かせません。

1.心を整える。思いをキレイにする。

健康で生きていくために一番大切なことは、心を整えるということです。

どんなに体に良い物を食べようと、
どんなに身体に良いことをしようと、

心が消極的であれば、効果は限定的です。

大脳の言うことを聞けば、心はどんどん消極的になります。

いつもお伝えするように、
私たちは脳の一部、脳幹の働きで生きています。

脳幹の働きがいいと健康で、
脳幹の働きが悪いと病気になると言えます。

脳幹の働きに一番関係の深いのが、生きる姿勢です。

良い思いで、積極的に生きることが、脳幹の働きを活性化するからです。

言い換えるならば、

生まれてきたこと、生きていることを、素直に喜んでいるか、

ということです。

脳幹には「生きる」という本能があります。

生まれてきたこと、生きていることを喜べないのは、
この本能に逆らうことになります。

本能に逆らうと、脳幹の働きが悪くなります。

脳幹の働きが悪くなって、病気をつくります。

消極的な心は、自らの生きる力を弱めます。

心を整えて、楽しい心持ちで、積極的な思いで毎日に取り組みましょう。

2.楽しく食べる。好きなものを食べる。

健康によい食事や、食事療法を考える時、

一番大切なことは、楽しく食べることです。

次に、好きなものを食べることです。

 
楽しくないと消化吸収が悪くなります。

体に良いと言われたからという理由で、
嫌いなものを無理して食べても、効果はありません。

理屈よりも大切なものがあります。

私たちが毎日食べているものでも、
その成分が全て分かっているわけではありません。

長い間食べられているものだから、安全だろう、
という程度です。

ましてや、いろいろな食品を同時に食べるわけですから、
どう体に影響を与えるかはまだ不明です。

その中で、特定の成分を含む食べ物が、
○○に良い、と言われたりします。

何を食べれば体に良いのかは、まだ推測の域を出ていません。

人々の健康志向に訴えて
商品を売らんがための理屈に耳を傾けるよりも、

私たちには、自分の体に良い物を知る能力があることを知りましょう。

それが「 好きか嫌いか 」です。

好きなものは上手に消化出来、利用できるから好きなのです。

嫌いのものは消化や利用が得意ではないから嫌いなのです。

好きなものをよく噛んで食べましょう。

そして、楽しくいただきましょう。

例えば、好きな人と一緒に食べると美味しく感じますね。

これも気持ちが胃腸に良い影響を与えるからです。

好きなものを楽しく食べる。

これ以上健康によい食事はありません。

(*注:お医者様から食事制限などの指導を受けている方は、まずそれに従ってください。
心身ともにストレスの無いところから、始めましょう。)

 
1.心を整える。思いをキレイにする。

2.楽しく食べる。好きなものを食べる。

健康の礎として、この2点を日々心がけてください。

 
次の記事も参考になると思います。
 ⇒快脳健康法 ─ 病気は脳で治せ!!
 ⇒大脳は悪? ─ 私たちが悪人なのは大脳の所為?
 ⇒医学的には日本中、病人だらけなわけですが。

-健康よろず語り
-, , ,

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.