「 喜び・幸せ 」 一覧

悩む暇があったら、考えて、考えて、考えて、考え抜きましょう。

自分がなぜ生きているのか分からないのに、またそのことについて深く考えることもないのに、健康や病気が分かるはずもありません。健康に一番大切なのは、安定した安心感です。一番大切なことをほったらかしにしておいて、栄養がどうのこうの、あの健康法が良いだ悪いだ、と論じるのは馬鹿げていると思いませんか?ではどうしたら安心感を得られるのか。

すべて毒にもなれば薬にもなる?

私たちが生きて行く上で絶対に欠かすことのできない塩でさえ、致死量というものがあります。財団法人日本中毒情報センターによると、私たちが日常的に摂取しているものの致死量は、例えば ...

タバコは長生きに良いかもしませんよ。て言ったら、怒られますか?

皆さんがお持ちの健康に関する知識のほとんどは、根拠の希薄なものか、“現在のところ”という条件付きで暫定的に考えられているものです。いろいろな病気に悪いとされているタバコでさえ、人によっては長生きの秘訣になるのかも知れません。だって世界最長寿 ...

損得勘定で動く人は好きですか?そんな人間になりたいですか?

私たちは大脳でいろいろ考え、行動しています。大脳は、自己保護と一貫性という性質に従って、快・不快を判断し、行動につなげます。そうすると、どうしても自分に都合の良い行動をしがちです。いわゆる損得勘定というやつですね。これらの判断に従うと、多くの場合、間違いを犯します。少なくとも、最善の結果を生むことはないでしょう ...

健康のために心掛けるべき2つのこと

健康は人生の宝です。でも、最大の宝は、人生の喜びです。「喜びとともにある長生き」にこそ価値があります。今日は、巷にあふれる健康情報に右往左往しないために、健康の礎となる2つのことをお話します。どんな健康法に取り組まれるのも結構ですが、この基礎を離れては、効果が出るものもその効用を活かせません ...

「人生をより良く生きる」それは他の誰でもない自分の意思であり現実である。

私たちは自由な思考という特性を与えられています。何を思い、何を考えるのも自由です。どういう人生を生きたいか、その選択も自由です。もし、より良い人生を過ごしたいと思うなら、脳の働きを理解する必要があります。私たちは、何のために生まれてきたのでしょうか ...

脳の喜び ─ 本能に従って生きましょう

私たちの命は、脳の働きに支えられています。従って、脳の働きの良し悪しで、健康か病気かに分かれます。脳の働きが元気でないと、私たちも元気でいられません。ではどうすれば、脳の働きが元気になるのでしょうか。答えは、脳を喜ばせることです。生きていることに喜びを見いだせたとき、脳は元気になります。ところが ...

「人間らしさ」って何でしょう?

自分の心をじっと見つめると、美味しいものを食べた時、キレイな景色を見た時、魚がたくさん釣れた時・・・などなど、
「幸せ・喜び」を感じる時はいろいろありますが、何よりも幸せを感じたのが、お客様に喜ばれた時なのに気がつきました。

Copyright© 釈迦に教わる「不安のない人生の歩き方」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.