あなたの思考はあなたの脳に支配されている

自覚はないのですが、私たちが何かをしようとする0.2秒前には脳内で「決定シグナル」が確認されるそうです。

でも、

さらにそのシグナルが確認される0.35秒前にはその決定を促す準備シグナルが確認できるのだそう。

つまり、われわれが意識的な決定をする前に脳内ではその決定を誘う動きがあるのです。

この提言のおかげで、我々には自由意志というものはあるのかないのかの議論が進められています。

以下に1983年にアメリカの生理学者ベンジャミン・リベットが寄稿した論文があります。

翻訳機能を使えば何とか理解できるレベルになりますので、試してみてください。

https://academic.oup.com/brain/article-abstract/106/3/623/271932?redirectedFrom=fulltext

オックスフォード大学出版局
Brain
[url=https://flic.kr/p/2aSLDoU][img

脳神経学的な議論は学者たちにお任せするとして、私たちは生きていくうえでとても大切な情報を与えられたと思ってください。

今まで自分で考え、自分で決定し、自分で行動してきた思っていたのに・・・

実は脳が自分の思考や決断や行動を支配していたとは。

私はこの事実に直面した時に、身震いするほどの感動を覚えました。

なぜなら私がパニック障害で苦しんでいた時、自分の思考よりも脳の暴走(パニック発作の不安を私はそう感じていました)の方がはるかに優位だと感じていたからです。

脳の持つ基本的欲求

自分のことはなかなか分かり難いのですが、私たちの思考や言葉や行動の奥底には

不安から逃れたい

安心したい

気持ち良くなりたい(快楽を追い求めたい)

という深層意識があります。

脳があなたの思考よりもこれらを優先することで、あなたの思考はそれにつられてしまい、理性的な判断とはかけ離れた決断をする危険性が大きいと思ってください。

特に人間関係においては相手より上のポジションを取ることで、不安から逃れ、安心し、気持ち良くなることが常ですから、あなたが理性的に考えるより早く、腹を立てたり・嫌味を言ったり・悪口を言ったりしてしまいます。

このように脳の深層意識の言うがままになってしまうことが、あなたの人生に悩みや苦しみを招く最大の原因だと知ることが、あなたが自分の人生を楽しく幸せに生きる秘訣だと理解することが大切です。

ただ、私たちが成長する過程で身に着けた自己保護という性質は、そう簡単に手放せるものではありません。

しかもあなたが脳の支配を見つめようとした瞬間に、より強い力であなたを支配しようとしてきます。

私が長年にわたってカウンセリングをしてきた中でも、実に多くの人が脳が仕掛けてくる不安に打ち勝てず、脳の支配から逃れることをあきらめてしまいました。

自分のこととして考える

脳の支配を見つめることをあきらめる原因はいろいろ考えられますが、客観的に見ると「自分のこととしてとらえていない」ことが一番だと感じています。

脳の持つ性質から、ほとんどの人は、

〇 面倒くさがりで

〇 考えるのが苦手で

〇 言い訳ばかりして

〇 自慢が好きで

〇 人の悪口を言って

〇 見栄をはりたがり

〇 嫉妬ばかりして

いるのです。

重ねてお伝えしますが、これらのことは脳の持つ基本的な性質ですから、ほぼすべての人に当てはまります。

ほとんど例外はありません。

でも、

そう聞いた瞬間に気分を害し、これは自分のことではないと反応してしまいます。

自分のことではないと思ったとき、思考は停止してしまいます。

そして、

幸せになりたいけど、脳の支配から逃れることはできないと思うから、何か他の方法を探そう。

そもそも思考が脳に支配されてるなんて思えないから、何か他の幸せになる方法を見つけよう。

と思ってしまいます。

自分の脳の支配から逃れると人生は劇的に変化します。

人生が劇的に楽しくなります。

人望が集まるようになります。

人に慕われるようになります。

自分と合わない人は離れていきます。

不安が大きく減ります。

自分の脳の支配から逃れるといいことずくめです。

挑戦しない手はありません。

こちらもお読みください

あなたは脳のクセに支配されている

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© あなたを救う思考科学の世界 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.