幸せとは

幸福と健康を高めるたった一つの方法

https://www.vecteezy.com/fたいせ-photはあ

良い人間関係が幸福と健康を高める

幸せと健康に相関関係があるかどうか科学的な結論が出ていませんが、ハーバード大学での長期にわたる研究結果によると

「私たちの幸福と健康を高めてくれるのは良い人間関係である」だそうです。

人間の幸福度は「年収、学歴、職業」では決まらない

「人の悩みの90%は人間関係である」なんてよく言われますが、このことにまつわるある研究があります。

ハーバード大学が進めている成人発達研究の調査としてヴェイラントらが行ったもので、ハーバード大学卒の男性たちと、ボストン育ちの貧しい男性たち、この2つのグループ(約700人)の追跡調査をしました。

この研究のすごいところは、その追跡期間です。なんと、75年にわたって対象者の幸福度と要因について調べていったのです。

この長い研究の結論は、こうでした。

「私たちの幸福と健康を高めてくれるのは良い人間関係である」

家柄、学歴、職業、家の環境、年収や老後資金の有無といったことではなく、人間の幸福度、健康と直接的に関係があったのは人間関係だったという結果になったのです。

しかも、友人の人数は関係なく、たった一人でも心から信頼できる人がいるかどうかが重要だということがわかりました。

対人関係がうまくいっている(信頼できる人がそばにいる)状況では、緊張がほどけて脳が健康に保たれる、心身の苦痛がやわらげられる効果が見られた一方、孤独を感じる人は病気になる確率が高く、寿命が短くなる傾向も見られました。

つまり、「お金持ちになれば幸せ」であるとか、「ステータスの高いパートナーがいれば幸せ」であるとか、そんなことは一切ないということなのです。

ハーバード大75年の追跡調査

成人発達研究

良い人間関係を邪魔する脳の欲求

脳は基本的に

✅ 不安や不快を嫌う

✅ 安心や心地良さを求める

という欲求を持っています。

 

その欲求に従うと、人は言い訳を繰り返し、自分勝手になり、自慢をし、人をいじめ、人の悪口を言い、嫉妬し、自分を大きく見せようと力を使うことになります。

それが不安や不快から逃れ、安心や心地良さを求めることにつながるからですが、そのことに気付くことはほとんどありません。

脳は認知バイアスという技を持っていて、実に巧みに私たちの思考をコントロールしているからです。

 

だから人の言い訳には敏感に反応する人も、自分の言い訳には気づきません。

思考の中では、言い訳ではなく自分の正当性を主張しているだけだととらえていますから、自分は言い訳をしているなどこれっぽちも思っていないのです。

人より優れていると思えると安心と心地良さを感じますから、悪口を言い、人を責めます。

人をいじめるのも人より優位に立って安心と心地良さを感じたいからに他なりません。

自慢も心地良いものですから深く考えることなく口に出してしまいます。

もちろん人が自慢すると不快に思います。

不快といえば嫉妬はその最たるものですね。

 

ほとんどの人は脳に思考をコントロールされていますから、すべての言動の裏には脳の基本的欲求が隠れています。

脳の欲求に従うと自分を正当化することに関しては一人一人が世界一ですから、良い人間関係を持つことはとても難しいものになります。

脳の欲求を理解し、思考を取り戻せば人間関係は簡単になる

脳神経学者がどんなに

「あなたの思考は脳にコントロールされています」と言ったところで人は素直にそうか、なんて思うことはありません。

脳が不安や不快を感じるからです。

脳の欲求を理解するには、自分や人をしっかりと観察することが必要です。

自分や人の言動を観察することで、脳の欲求に気付くことができます。

人や自分の言動の裏には

✅ 不安や不快を嫌い

✅ 安心と心地良さを求める

脳の欲求が隠れていることを知ることになります。

その気付きを人間関係に活かすには、自分が脳の欲求に従わないようにする必要があります。

脳の欲求との闘いですね。

脳の欲求に従わない選択をしても心配はいりません。

脳の欲求はほぼ原始時代を引きずってるだけのものだからです。

原始時代では生存するために脳の欲求が必要だったのですが、現代では不必要なだけでなく、人間関係にも幸せにも邪魔な存在でしかありません。

それでも脳の欲求に従いますか?

脳の欲求に従って生きたところでさほど困ることはありません。

多くの人がそうであるように、あなたも今までの人生を振り返っても「まぁまぁ楽しい人生」だと思えるはずです。

そのことが変わりたくても変われない、最大の原因なのですが。

 

ただし、幸せな人生を過ごしたい、もっと輝いて生きたい、と思ったならば思考を脳から取り戻す必要があります。

なぜなら、

脳はあなたが幸せかどうか、輝いているかどうかなどに全く関心がないからです。

脳が関心があるのはただただ

不安や不快から逃れたい

安心と心地良さを求めたい

だけです。

 

そんな脳の欲求に気付かないと、どんなに頑張っても、どんなに良いアドバイスに触れても、宗教を頼っても、あなたが幸せになることは困難なことです。

良い人間関係は脳の欲求を抑えると築ける

良い人間関係を築く一番大切な要因は相手に対する思いやりです。

相手を喜ばせようとすれば、相手も喜ばせようとしてくれます。

相手に優しく接すれば、相手も優しく接してくれます。

相手を思いやることができれば、人間関係は決して難しいものではありません。

脳の欲求が相手にしているのは自分です。

自分だけが不安や不快から逃れ、安心と心地良さを感じられれば満足するのです。

その欲求を抑えない限り、相手を思いやることはできません。

ただし、相手によっては喜ばせようとしても優しく接しても、変わらないこともあります。

脳の欲求に強く支配されているからですが、そんな人は相手にする必要はありません。

ハーバード大学の研究にある「心から信頼できる友人」にはならないからです。

脳の欲求に気付き理解し、思考を取り戻せば良い人間関係を築くことが可能になり、結果として幸せと健康を高めることにつながるのです。

 

関連記事

こちらもご覧ください

あなたの思考はあなたの脳に支配されている

幸せと運命

-幸せとは
-,

© 2021 幸せになる脳の使い方 Powered by AFFINGER5