幸せとは

幸せとは

Female Entrepreneur Stock photos by Vecteezy

誰もが幸せになることを願っています。

では、幸せって何でしょう。

一時的に幸せを感じることはそこそこあることと思いますが、日常的・恒久的に幸せを感じることはなかなかありません。

幸せという感覚は不幸という感覚と相対的なものですからフラットな感覚から幸せを感じることはよほどのことがない限りありません。

たとえば宝くじが当たった、思いを寄せていた人から告白された、など予期していない良い出来事が起きたような場合ですね。

それに比べて、不幸を感じている時に幸せを感じることはより簡単です。

病気が軽快した、なくしたと思ったものが見つかった、などですね。

あなただけでなくほとんどの人は、自分の周りに起きる出来事によって幸せとか不幸とかを感じています。

それはそれで当然なのでしょうが、私の場合は「心が動じないこと」を幸せに感じます。

私がパニック障害で苦しんでいた時、何より嫌だったのがパニック発作の不安でした。

目が覚めてから寝るまでの長い時間、常に発作の不安が頭から離れることがありませんでした。

そして、そんな自分が嫌でたまりませんでした。

なにしろ発作が起きていないのに発作を恐れて不安に駆られて、心が晴れる時間がないのですから。

そんな時間を半年くらい過ごすと、幸せになりたいなんて思いはなくなり、ただ不安を感じないで済むことがただ一つの望みになりました。

というのも発作を恐れて過ごした一日が、発作が起きないまま翌日になり、そのことを振り返るととても無駄な時間に思えたからです。

自分の心の弱さを嘆くとともに、自分の意志で抑えられない不安を不思議に感じ、これは脳の故障だと思うに至りました。

そこで脳に強い関心を持ち、医学的なことや哲学的、宗教的な観点から脳の働きを学び始めました。

そんな時、突然大きな安心感と幸福感に満たされるというスピリチュアルな体験をしました。

布団の上で横になっていたのですが、起き上がってガッツポーズをするくらい衝撃的な体験でした。

その瞬間に不安は消し飛び、パニック発作はあるものの心が全く動じなくなりました。

そのうち発作もなくなり、自然にパニック障害は治りました。

誰もが幸せを願って生きていますが、

では幸せの定義は何ですかと問われると、答えに困るはずです。

ただ漠然と幸せになりたいと思っているからです。

どういう状態が幸せと感じるのか、を自分に問いかけ、答えを探すことが自分の幸せに近づく方法の一つです。

宝くじが当たれば幸せ、ではなく宝くじが当たるとなぜ幸せを感じるのか問いかけてください。

そうすることで脳の欲求に気づくことが出来、自分の思考をより確かなものにすることが出来ます。

自分に起きた出来事に一喜一憂するだけでなく、自分にとっての「幸せとは」を見つけてください。

こちらもお読みください

あなたの思考はあなたの脳に支配されている

-幸せとは

© 2021 幸せになる脳の使い方 Powered by AFFINGER5